ツーピーエスの効果と口コミ

結論から言うと剛毛な男性ならケノン、普通の男性や女性であればツーピーエスを選ぶべき!管理人は男ですが、そこまで剛毛ではないのでツーピーエスを選び、効果には非常に満足しています。

効果と期間

管理人がツーピーエスを使ったのは髭、指、お腹、VIOの4部位で、どの部位も照射したところには毛がほとんどありませんが、部位によってかかった期間はまちまちです。

まずいちばんすぐに効果が出たのが指の毛。管理人の場合は1週間に一度の周期で照射していましたが、わずか3週間ほどで毛が一掃され生えてこなくなりました。

次はお腹で2ヶ月くらいで毛がほとんど生えてくなくなり、ツルツルに。ギャランドゥって結構汚く見えるので、非常に満足の効果。

VIOは自分での照射だとムラが出やすく、部分的には全く生えてこないけど、生えてくる箇所もあるという感じ。うまく当てられた箇所に関しては3ヶ月ほどで生えてこなくなりました。

一番時間がかかったのは髭。体毛で最も太い毛だけあって、鼻下の髭は2ヶ月ほとでほとんどなくなりましたが、アゴに関しては生えてこなくなるまでに6ヶ月を要しました。

管理人の口コミと評価

まず脱毛効果という点に関しては上記の通り非常に満足で何の問題もありませんでした。正直半信半疑で買ったので、効果に関してはむしろ予想以上。

相当剛毛な男性でない限り、ほとんどの人が効果を感じられるのではないかと思います。というか高いお金払って脱毛エステとかクリニックに行く必要あるのかなレベル。

ただ使い心地に関しては予想以上に悪かったです。というのもツーピーエスに限ったことではありませんが、家庭用脱毛器を使って自分で施術するというのが予想以上に大変作業でした。

足や腕であれば見えますし手が届きますから問題ありません。ですがVIOなどだと自分では非常にやりにくく、特にOの施術は自分でもどこに当たっているのかよくわからないまま照射して、かなりムラが出てしまいます。

ツーピーエスは脱毛効果に関してはエステに劣りませんが、部位によってはエステの選択肢もアリかもと思わされました。

ツーピーエスとケノンの比較

フラッシュの家庭用脱毛器を使うなら必ずと言っていいほど選択肢に挙がる「ツーピーエス」と「ケノン」です。冒頭で剛毛の男性はケノン、それ以外の人はツーピーエスと書きましたが、その点も踏まえて比較しながら見ていきましょう。

価格

ケノン:69,990円(税込)

ツーピーエス:43,800円(税込)

価格はツーピーエスの圧勝で、この安さが何よりもおすすめのポイント。ツーピーエスの上記の価格は公式サイトから購入する際にその場で6000円引きクーポンが適用された際の価格です。

クーポンの利用条件は特になく、途中で出て来るクーポンコードを会計時に入力するだけなのですべての方に適用可能です。

家庭用脱毛器を選ぶ理由はエステなどよりも遥かに安いという理由であることも多いので、安く脱毛できるというのは非常に大きなメリットです。

スピード

あまり気にしない方が多い気もしますが、一度照射をしたあとに数秒のチャージ時間が必要になります。その点では照射レベルにもよりますがツーピーエスよりもケノンのほうが1秒程早いようです。

ちなみに照射面積は大きいカートリッジをつけるとケノンの方が広く、その分照射回数が減るので施術時間が短縮はされますが、面積を広げるということはパワーが分散するということなので、一概に優れているとは言い難いです。

パワー

管理人はケノンは使ったことがありませんがネット上で口コミを見る限りでは、ケノンのほうが照射が痛いという報告が多く、パワーはツーピーエスよりも勝っているようです。

ツーピーエスもケノンも照射の強さは自分で決められますが、脱毛器のパワーはそもそも強さMAXで使うことを前提とする剛毛系男性が気にすべき項目で、肌の弱い女性や普通の男性はそこまで気にする必要はありません。

ちなみにツーピーエスは8段階、ケノンは10段階で強さの調節ができます。

VIOの対応

ツーピーエスの公式サイトを見るとVIOにも使用可能と明記されていますが、ケノンの公式ページにはVIO可能という記載がなく、使いのはあくまで自己責任という姿勢。

管理人がツーピーエスを選んだ理由は、価格の他にVIOに使用可能と明記されていたことが大きな理由です。

ツーピーエス向きの人

  • 女性やそこまで毛深くない男性
  • 脱毛をなるべく安く済ませたい人
  • VIOにも使いたい人

冒頭にも書いたとおり安い上にVIOにも正式に対応しているので、相当な剛毛でない限りツーピーエスの選択で問題無いかと思います。

ケノン向きの人

  • 毛深い男性
  • 濃い髭の脱毛を希望する男性

価格は高いもののその分パワーも強いので、毛深い方や効果の出にくい髭をメインで使いたい男性はケノンを選ぶべきでしょう。ただVIOには正式に対応していると明記されていないのが少しネック。