脱毛サロンや家庭用脱毛器のほとんどは、フラッシュ脱毛と言われる光を利用した脱毛方法が用いられています。

特殊な光を脱毛したい部位に当てることでムダ毛が抜けていくのですが、これはどうしてなのでしょう。ここではフラッシュ脱毛の仕組みについて詳しくご紹介していきます。

フラッシュ脱毛の仕組み

毛周期を理解しよう

フラッシュ脱毛の仕組みを説明する前に、まずは毛周期のことを知っておいてください。私たちの体に生えているあらゆる毛には、毛周期というものがあります。

これは毛が抜けてまた生えてくるというサイクルのことです。どんな毛でも抜けてはまた新しく生えていくのでずーっと同じ毛ではないのですね。

この毛周期には、成長期と退行期、休止期というサイクルがあります

毛が成長する期間のことを成長期と呼び、成長がストップして毛が抜ける時期を退行期と呼びます。そして毛が新しく生えるための準備をしている休止期があります。

フラッシュ脱毛は、特殊な光を肌に当てて毛根にダメージを与えていき、少しずつムダ毛が生えないようにしていくという仕組みになっています。

このフラッシュ脱毛の光が効果的に作用するのは、最も栄養を含み大きく成長している成長期の毛だけ。他のサイクルにある毛には作用しません。

フラッシュの効果

毛根の中には、さらに毛に栄養を与えるための毛母細胞や毛乳頭という部分があります。

フラッシュ脱毛の光を肌に当てることで毛根だけでなく、この毛母細胞と毛乳頭にもダメージを与えることができます。ダメージを受けた毛根部分に生えていいた毛は、1週間から2週間くらいすると自然と抜け落ちていきます。

しかし、1回の施術では完全に毛母細胞や毛乳頭を破壊できませんし、成長期ではない退行期や休止期にある毛にもダメージを与える必要があります。

ですから、脱毛サロンや家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛では、何度も施術を繰り返す必要があるのです。先ほど紹介した毛周期と言われる毛の生えるサイクルは、2か月から3か月ほどかかります。

期間をあけて施術する意味

このような理由から2か月から3か月ほど時間をおいてから、また同じ部位の施術を繰り返すのが効果的だとされています。

このようにして一定期間を置いてからフラッシュ脱毛を繰り返すことで、毛母細胞と毛乳頭へのダメージも大きくなるので、生えてくる毛も細く弱々しくなっていきます。

新しく毛が生えてくる期間も長くなりますが、残念ながらフラッシュ脱毛では完全に毛が生えてこなくなるまでの永久脱毛は期待できません。

ほとんど自己処理が必要なくなるまでにムダ毛を薄くすることはできるものの、全く生えてこないレベルにまではできません。

効果の出方は人それぞれ

一人一人の毛質や生えている部位によってもフラッシュ脱毛の効果は異なります。

剛毛の人だったり、脇やアンダーヘアなどは毛1本1本が強く濃いですから、なかなか施術を繰り返しても効果が実感できない方も多いです。

美容クリニックなどで行われているレーザー脱毛も、フラッシュ脱毛と基本的な仕組みは同じですが、当てる光の出力が高いので脱毛効果もそれだけ上がります。

完全に生えてこないレベルを期待したい方は、電気針を1本1本の毛根に差し込んで電気を流していくニードル脱毛を選択するしかありません。

しかしこれは非常に痛みのある施術で値段もかなり高いですから、ニードル脱毛を選ぶ人はほとんどいません。フラッシュ脱毛は効果が低い分、施術中の痛みも少なくて肌へのダメージも少ないことが魅力です。

まとめ

個人差や部位によっても異なりますが、10回くらい施術を繰り返せば、かなりツルツルになってくるでしょう。

毛根や毛母細胞、毛乳頭に少しずつダメージを与えていくのがフラッシュ脱毛です。
1回の施術で劇的な効果はありませんが、じっくりと続けることで確実に自己処理の必要がないツルツル肌になれます。