家庭用脱毛器で脱毛をしていると、効果の現れ方に違いがあることに気がつくはずです。

エステサロンや美容クリニックで脱毛してもらっても同じように部位により脱毛効果の現れ方に違いが出てくるのですが、これは部位によって毛の特徴があるからです。

部位による違い

ワキや腕、足などさまざまな部位の脱毛をしていると、同じ回数だけお手入れしても脱毛効果を感じやすい部位とそうでない部位が出てきます。

これは身体の部位によって生えているムダ毛の太さが違うからです。顔や背中、うなじのような部位の毛は産毛と言われていて、とても細くて色も薄いですね。

反対に、VIOのアンダーヘアやワキなどは太くて強い毛が生えています。もちろん個人差もありますが、VIOやワキは女性でも剛毛な人が多いです。

家庭用脱毛器やエステのフラッシュ脱毛、さらに美容クリニックで行うレーザー脱毛というのはどれも黒い色に反応する特殊な光やレーザーを使用した脱毛方法です。

ですから、むだ毛の太さや色の濃さによって脱毛効果も左右されてきます。色が薄くて細い顔やうなじ、背中などに生えている産毛は、どうしても脱毛効果が現れにくい部位になります。

産毛に反応しないわけではない

足や腕などのムダ毛は比較的、脱毛効果が実感しやすい部位になります。しかし同じ回数の施術をしても、顔やうなじなどの産毛はなかなか効果が見られないので心配になる方もいるでしょう。

これは産毛が光に反応していないわけではなく、どうしても時間がかかるというだけです。焦らないでこつこつとお手入れを続けることが大切です。

太い毛には回数が必要

反対に、毛の色が濃くて太いワキやVIOなどのムダ毛は、それだけ脱毛効果も実感しやすいと思いますが、太すぎる毛もツルツルになるまでに時間がかかります。

それだけ強くて太い毛なので、しっかりと毛根にダメージを与えるためには施術回数を重ねる必要があるのです。

家庭用脱毛器やエステサロンの脱毛では肌に照射する光の強さも弱いので、それだけ効果が実感できるまでには時間もかかります。

やはりクリニックなどで使用されるレーザーの方が出力レベルも強いので、それだけ毛根を破壊する力も強く効果もスムーズに実感できます。

薄くて細い産毛や、また反対に太くて濃い剛毛にも脱毛効果が実感出来るまでには他の部位よりも時間がかかってしまうことを知っておくと安心ですね。

痛みは毛が濃いほど強い

また、部位によって施術中の痛みにも違いが出てきます。

顔やうなじ、背中などの産毛が生えている部位では、施術中の痛みはそれほど感じないのですが、ワキやVIOなどの太くて濃い毛が生えている部位は痛みを強く感じてしまいます

剛毛で毛が密集している部位には光も大きく反応するので、痛みを強く感じやすい人が多いです。家庭用脱毛器では、光の強さを調整できるものがほとんどです。

ワキやVIOなどを施術する際には、脱毛効果は下がってしまいますが痛みを強く感じるので、出力を低く調整してから行うのがおすすめです。

また毛の生えている部位によって毛周期も異なるので、これも脱毛効果の現れ方に差が出てくる原因です。部位によって毛の太さも異なり、また1人1人の毛質によっても個人差があるでしょう。

エステサロンでは回数無制限のプランも用意されているので、効果が出にくい部位の脱毛ではそのようなプランを利用するのがおすすめです。

まとめ

ただしそれだけ料金もかかりますし、予約もなかなか思うように取れないといったストレスも出てくるでしょう。

家庭用脱毛器があれば、脱毛効果が出にくい部位でも何度でも納得するまでお手入れできますし、費用の心配もないというメリットがありますね。

脱毛効果はそれぞれの部位によって現れ方が違います。太くて強い毛と産毛が生えている部位は、ツルツルになるまでに時間がかかるので気長にお手入れしていきましょう。