脱毛方法にもいろいろな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

家庭用脱毛器やエステサロンでは光脱毛が行われており最近ではこの光脱毛が主流になっていますが、他にもさまざまな脱毛方法があるのでご紹介しましょう。

脱毛の種類

光脱毛

まず、家庭用脱毛器やエステサロンで採用されている光脱毛についてご紹介しましょう。光脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛などとも呼ばれています。

マシンによって光の波長に違いがあり呼び名も違いますが、どれも光脱毛の一種です。黒い色に反応する光を肌に照射して、毛根や毛乳頭にダメージを与えていく脱毛方法になります。

毛周期に合わせて2か月から3か月ごとに1回の施術を繰り返し行っていくことで、徐々にムダ毛が細く薄くなっていきます。

メリット・デメリット

光脱毛のメリットは、施術中の痛みが少ないことやお手入れがスピーディにできることです。また他の脱毛方法よりも料金が安いことや、脱毛と同時に美肌効果があることもメリット。

光脱毛で使用する光は出力がそれほど強くないので施術中の痛みが少ないことがメリットになりますが、これはそれだけ脱毛効果が弱くなるというデメリットにもなります。

施術部位や個人差もありますが、他の脱毛方法よりも効果が実感できるまでに時間がかかってしまうことが多いです。

部位によっては2年も3年も脱毛を繰り返す必要があり、結果的に費用がかさんでエステサロンに通うのが難しくなる人も多いです。

レーザー脱毛

美容クリニックで行われているのは医療レーザー脱毛です。光脱毛と同様に黒い色に反応するレーザーを使用した脱毛方法で、レーザーの熱によって毛根、毛乳頭にダメージを与えます。

レーザー脱毛を行うには医師免許または看護師の資格が必要になり、誰でも施術できるわけではありません。

メリット・デメリット

光脱毛よりもエネルギーが大きいので、それだけ高い脱毛効果が期待出来ることがメリットです。短期間で高い脱毛効果が実感できるのは大きな魅力です。

また医療機関で施術を行うので、万が一のトラブルにもスムーズに対応してもらえるという安心感もあります。

しかし、それだけ大きなエネルギーで肌にダメージを与えていくので、施術中に強い痛みが伴うことがデメリットです。

また、1回の施術料金も高めに設定されていることもデメリットと言えるでしょう。

ニードル脱毛

最近では光脱毛やレーザー脱毛が人気ですが、他にニードル脱毛という脱毛方法もあります。ちなみにニードルとは針という意味でひと昔前まではこのニードル脱毛が主流で、海外では100年以上もの歴史がある脱毛方法になります。

ニードル脱毛は電気脱毛とも言われており、毛根1つ1つに細い針を差し込んでいき、そこに弱い電気や高周波を流すことで、毛根を破壊していくという脱毛方法になります。

毛根1つ1つを確実に破壊していくことができる脱毛法なので、他の光脱毛やレーザー脱毛よりもそれだけ確実に脱毛効果が得られることが一番のメリットです。

メリット・デメリット

黒い色に反応する光脱毛やレーザー脱毛では難しいとされる、色の薄い産毛なども確実に処理していくことができることもメリットです。

また色素沈着しているビキニラインや日焼けをしていて光脱毛やレーザー脱毛が出来ない部位でも、ニードル脱毛であれば可能です。

ただし、ニードル脱毛では一度に広範囲の施術ができません。1本1本の施術になるので非常に時間がかかることや、施術中の痛みが強いことがデメリットとなります。

また、料金は時間制で他の脱毛方法よりもかなり高いのもデメリットでしょう。

まとめ

光脱毛が人気な理由は費用が安く施術時間が短いという点ですが、お金や時間を気にしない人ならニードル脱毛も選択肢に挙がるでしょう。

メリット・デメリットがそれぞれありますし、一度始めたらある程度の期間も必要となってコロコロと変えることができないため、選ぶ際はよく吟味することをおすすめします。