春から夏にかけては脱毛を始める人も増えていきますが、脱毛するなら日焼けは避けなければいけません。

紫外線が強くなる夏には海や山などのアウトドアを楽しんで日焼けをすることも多いのですが、脱毛をするなら日焼けは厳禁とされています。

脱毛と日焼け


エステサロンや美容クリニックで脱毛を始めようと思ったら、施術内容のことや注意点などの説明が事前にありますが、日焼けを避けるようにという説明もあるはずです。

施術前にも施術後にも日焼けは厳禁とされているので、しっかりと守ることが必要です。そうしないと脱毛施術を中断しなければならなくなる可能性が出てきます。

ではどうして脱毛前後には日焼けをしてはいけないのでしょう。それはいくつかの理由があります。

日焼けがダメな理由

まず日焼けをしたままの状態で施術をした場合、肌トラブルが起こる可能性が高くなるからです。日焼けをした肌というのは軽い火傷をした状態になっています。

そのようなダメージを受けた肌に、さらに脱毛による光エネルギーを与えることはとても危険です。通常の肌でさえ脱毛による肌への負担は大きいものです。

それが軽い火傷状態の肌ではその負担もさらに大きくなります。通常の肌よりもより大きな負担がかかってしまうので、施術後に炎症などの肌トラブルが起こる可能性も高くなります。

また日焼けした肌は、肌を守るためにメラニン色素が活性化されています。施術によるダメージが加わることでさらにメラニン色素が活性化され、シミやそばかすも出来やすくなります。

せっかくムダ毛が処理されても、シミやそばかすができてしまったのでは台無しですね。

痛みが強くなる場合も

また、施術中の痛みも強くなります。日焼けをした肌は非常に乾燥した状態になっています。少しの刺激にも敏感になっているので、施術による痛みも感じやすくなります。

そして日焼けをしていると施術中に火傷をしてしまう危険もあります。エステサロンや美容クリニックで行われている脱毛では、黒い色に反応するマシンが利用されています。

黒い色に対して光やレーザーのエネルギーが加わるようになっています。黒い毛根や毛乳頭にダメージを与えるためです。

しかし黒く日焼けをした肌では、周囲の肌にまでエネルギーが加わってしまうので火傷の恐れが出てくる他、脱毛効果も十分に得られなくなります

施術中の痛みや肌トラブル、火傷などのリスクがあるために、日焼けした肌では施術を断られることがほとんどです。

日焼けと言ってもいろいろなレベルがありますが、明らかに黒く日焼けした肌や赤くヒリヒリとした状態の肌では施術はできません。

施術後の日焼けも危険

また、施術をしてもらった後も日焼けは避けるようにしましょう。

光やレーザーによって大きなダメージが加わった肌に、さらに紫外線によるダメージが加わってしまうと色素沈着や炎症などを起こしてしまいます

施術後の肌トラブルを避けるためにも日焼けをしないようにすることが大切です。日焼け止めや日傘、長袖などの洋服を着て、いつも以上に紫外線対策が必要になってきます。

エステサロンや美容クリニックによっては予約のキャンセル料がかかったりしますし、何よりもせっかく始めた脱毛が思うように進まなくなるので日焼けしないよう注意が必要です。

脱毛を始めたらいつも以上に日焼け対策が必要になってきます。

まとめ

夏のプールや海水浴などのレジャーも思う存分に楽しめなくなるかも知れませんが、きれいなツルツルの肌を目指すためには少しの間、我慢が必要です。

脱毛の施術は思っている以上に肌への負担が大きいもので、同様に肌ダメージが大きい日焼けは避けなければいけません。
夏のレジャーを楽しみたい方は、秋から冬にかけて脱毛をスタートさせておきたいですね。